CGI

堅い堅いお話

徒然に書くブログです。軟らかい話が苦手なので、 きっと堅い話ばかりになると思います(^_^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

高性能ディーゼル車の普及をはかる?

ディーゼル車は日本よりも欧州のほうが進化しているそうです。日本では音のうるささなんかが邪魔をして乗用車ではあまり普及しなかったディーゼル車。ヨーロッパでは90年代後半からいろいろと対策が施されて一気に普及。


で、経済産業省が「クリーンディーゼル乗用車の普及・将来見通しに関する検討会」という長ったらしい名前の委員会をつくって検討し、CO2の削減効果が認められるから、普及させましょう、場合によっては補助制度も、と言う答申があったそうです。


しかし。


日本はハイブリッド車では世界的に優位な技術(特にトヨタですが(^_^;)を持っています。ディーゼル車を否定する気はないのですが、ハイブリッド車の可能性はディーゼル車に劣らないはず。あるいは将来的な燃料電池車という選択肢もあります。いまからディーゼルでヨーロッパに挑むことが得策なのか?もちろん日本の自動車メーカー各社もヨーロッパに輸出しているでしょうから、ディーゼル車の技術も持っているのでしょうけれど。


環境的な面から言えばディーゼル車は燃費の良さは認めますが、騒音のみならず、煤塵など問題の多い技術でもあると思います。それに日本という国の経済戦略を考えたとき、分散投資とも言うべきこうした方針が良いのでしょうか?


それとも単にヨーロッパ各国へのお得意の「こんな事もしています」的なポーズかな?ヨーロッパ車も売れるようになりますよと言う。


そんなことをするならば、もっと今、そして次に有望な技術への投資を進めてもらいたいと思うのですが。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

地球環境の事を考えて、ハイプリット車やディーゼルエンジンの改良も必要だと思いますが、高級乗用車や日本の道路事情から必要の無いスーパー4WD車の4500cc等を先に規制する方が先だと思いませんか?

hamaiphot | URL | 2005年05月29日(Sun)17:34 [EDIT]


難しいですね

おっしゃるとおり、不要とも思える高級車や大排気量の4WDの規制に踏み切ってもいいかな、とは思います。ただ、やはり個人の自由を束縛する、という反対論はかなり厳しく出てくるのでしょうね。
以前、ウミガメが産卵する砂浜で、砂浜への4WD車の乗り入れを禁止しようとしたところ、「我々の楽しみを疎外するとは」という抗議行動があって、結局ダメになった、と聞いたこともあります。
林道などへの乗り入れも場合によっては林内を破壊することもありますから、ある程度制約してほしいとも思うのですが。

当面は高級車などへの課税を強くしてもらいたい、とは思っています。日本はここのところ累進課税が世界的に見ても緩やかになってきていると聞きます。強い力を持っている人により多くの義務を課す、と言う事もあってもいいかな、と思います。

三宅信光 | URL | 2005年05月29日(Sun)19:55 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。