CGI

堅い堅いお話

徒然に書くブログです。軟らかい話が苦手なので、 きっと堅い話ばかりになると思います(^_^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

原油再び上昇の兆し

ニューヨークの原油先物市場が再び上昇の兆しを見せています。きっかけはイラン情勢の不透明さにあるようです。とはいえ、それだけが原因とは思えません。

2年ほど前から、原油は急激に上昇を続けています。きっかけは中国の急激な経済成長でしょう。中国一国の経済成長が世界の主要なエネルギー源の価格に大きな影響を与えているのですから、驚きですが、さらにこのところもう一つ気がかりなお話しがあります。

中国と並び、人口の多さでは一二を争うインドの動向。こちらも急激な経済成長を遂げており、いずれ、中国のように資源を大きく消費する大国に成長するのでしょう。

原油は明らかにその埋蔵量に限界が見えている資源です。ここ10年ほど埋蔵量に変化はないようですが、その理由の一つは産油国の国策にあるとも言われています。

この状況が続けば世界のエネルギー事情は悪化の一途をたどるのでしょう。今日本でもガソリン価格は少なくとも1円未満の世界では上昇を続けています。これ以上上昇していったら、生活へのインパクトは深刻なものとなるのでしょう。

代替エネルギーの開発は非常に重要なこととなっているように思えますが、政府はそれほど本腰を入れているように見えません。それとも本腰をきちんと入れているんでしょうか?

スポンサーサイト

PageTop

レバノンの戦いは

いったい、どういう意味があるのでしょうか。ヒズボラというイスラム過激派が発端であったのだろうとはおもいます。だろう、というのは日本に入ってくる報道は欧米の報道が主で果たしてその見方が偏っていないかどうかを判断するすべがあまりないからです。

ただ、仮にそうだとしても今のイスラエルが行っている攻撃は行き過ぎに思えます。無辜の子供を殺傷して、逃げないから悪いのだ(報道を見ている限りそういっているように思えますが)という言い方は、いかにも傲慢です。

確かにヒズボラからの攻撃も止まっていないようです。レバノン政府はその責任において、ヒズボラの攻撃を止めさせる義務があるでしょう。しかし、イスラエルはそれを持ってレバノン侵攻を直ちに停止する用意があることくらいは明らかにするべきなのではないでしょうか。

ことイスラエルが絡むとアメリカの対応も非常に偏ったものになっている印象が強いのです。イラク、イランに対する強硬姿勢と、イスラエルに対する甘い見方はどういう状況が生み出しているのでしょうか?

この状態で、世界世論を納得させることはアメリカ、イスラエル両国にとって至難の業なのでしょうね。

PageTop

温暖化ガス排出権見本市が10月に北京で開催される

3回連続で二酸化炭素系の話題となってしまいました。温暖化ガス排出権見本市が北京で10月に開催されるそうです。温暖化ガス排出権見本市というのがどんなものなのか、それすらよくわからない気がするのですが、世界銀行、国際協力銀行などが主催、共催するそうです。なかなか物々しいお話しです。

この時期、中国で開催される、というのは何か深い意図を感じてしまいますが、温暖化ガスの排出がアジアで急増していることから、開催されると記事には書いてありました。

日本は削減を義務づけられている国ですが、アジアの大多数の国はそうではないのですね。ただ、中国などではそもそも原油などの資源の高騰から、省資源、省エネルギーに熱心になってきているとも聞きます。どちらが原動力でもかまいませんが、より長く皆が楽しく住める星であるために、こうした動きがもっと活発になって欲しいものだと思います。

PageTop

中国、広東省と香港での排出権取引

中国、広東省と香港での排出権取引
広東省と香港との間で排出権取引の取り組みが始まるそうです。中国で、排出権取引がされるのは非常に珍しいことだそうで、広東省の大気汚染がきっかけになったようですね。
隣接する香港でも大気汚染が深刻になってきていて、この取り組みの合意へ結びついた様子です。

中国は今莫大な量の石油を消費している国となっています。これが引き金で、原油が上昇、日本でも様々なところで影響が出ています。排出権による空気汚染の解消からさらに踏み込んで、省エネルギーへと結びついて欲しいものです。

PageTop

二酸化炭素を排出しない発電所

ちょっと驚きです。ニュースの元はドイツ大使館のこの記事。二酸化炭素を高圧圧縮して液体化し、取り除いてしまう褐炭火力発電所、だそうです。

どのくらいのコストが、建設費、運転費、ともにかかるのか、とても気になるところですね。以前、太陽光発電を調べたときに石炭火力発電所は発電コストが非常に安価であるところがメリットである、と聞いたことがありますが、さすがにこの施設はそうはならないでしょう。


実は不思議に思ったことが一つあり、特に企業向けの電力は異常に安く思えます。国策なのか、どうなのか?またいずれこのお話もしてみたいと思います。

PageTop

再開

やっとブログをかけるだけの時間がとれるようになりました(笑)
久々にまた書いていってみたいと思います。今まで以上に堅い話になるかもしれないけれど、おつきあいください。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。